| ホーム | なぜガイドと走るの? | ツアーの選び方 | ショップの皆様へ | フィールドルール | お問合せ |
HOME >ツアーの選び方

ツアーの選び方

MTBガイド協会が推奨する基準を満たしたツアーをおすすめします

・まずは自分のレベルに合った、自分が楽しめるツアーを選ぶことが大切です。参加前にツアーのレベルを的確に説明してくれるか、自分のレベルを理解してくれるか確認しましょう。

・安全なライディングを教えてくれるインストラクター資格を持ったところを選びましょう。

・自然の中で楽しむマウンテンバイクには思わぬ事故が発生します。ファーストエイドの資格を持つところを選びましょう。

・万が一の事故に備えて保険を用意しているかどうかも、安心なツアーを選ぶ基準です。

・持続可能なフィールドの利用をしているツアーを選びましょう。

・MTBガイド協会に加盟していないツアーに参加するときは以上の項目について主催者に確認することをおすすめします。

ツアー主催者の詳細を以下の推奨基準と見比べてツアー選びの参考にしてください。

ツアーの内容
主な開催場所
近くのツアーを探してみよう
レンタル装備
ヘルメット・グローブ・プロテクターなど
開催期間
ツアーによってシーズンが変わります
割引制度
お得な割引制度を利用しよう
レベル分け
自分のレベルをしっかり伝えよう
公共交通機関
集合場所まで電車、バスを利用できるか確認
レンタルバイク
レンタルがあれば手ぶらで参加OK
ツアー施設
駐車場
車の場合
トイレ
集合地にあるか確認
更衣室
着替える場所があると便利
シャワー
あるとツアー後さっぱり
周辺情報
コンビニ
なにかと便利
宿泊
ゆっくりしたいときもあります
温泉
走った後は最高
飲食店
ツアーのあとはご飯がおいしい
おすすめ観光
マウンテンバイク以外の楽しみもあると出かける楽しさ倍増です
おすすめお土産
家族、友人にお土産を買って次のツアーはぜひ誘ってきてくださいね
基本情報
団体名
住所

代表者

電話番号

設立年

ウェブサイト

事業形態

メールアドレス

保険
傷害保険
万が一の事故で怪我をした場合に主催者がどれだけ準備しているかの目安になります
賠償責任保険
万が一の事故の場合に、主催者がどれだけ備えているかの目安になります
フィールドの利用方法
ツアー主催者の現在の利用方法が、以下のMTBガイド協会の基準に合っているか確認してください。基準に合わないツアーに参加してフィールドでトラブルに会うケースも考えられます。
・ルートの性格を把握する。(公道、私道、専用コースなど)
・ルートを管理する自治体、所有する地権者と連絡をとる
・トレイルメンテナンスを定期的に行う
・地域の利益になる活動をする
・他の利用者、ハイカーなどとコミュニケーションする
インストラクター資格

JMA(日本マウンテンバイク協会)、JBA(日本自転車文化協会)、CMIC(カナダの基準)を推奨しています。

ファーストエイド資格
最低限、赤十字救急員養成講習12時間、消防上級救命講習8時間の資格のあるところが安心です。山道からの搬出が困難なルートでのツアーでは、野外救命救急に特化したウィルダネスファーストエイド資格を持つところが安心です。
メカニック
ガイドの最低限の技術として次の項目を基準としています。(パンク修理、タイヤ・チューブ交換、ブレーキ調整、変速調整、ブレーキパッド交換、振れ取り、ディレーラー交換、ベアリング調整、ヘッド調整、チェーン交換)